物価|エスタ申請代行サービス[ESTA USA]

グレートトラベル
受付時間/10:30~17:00
定休日/月・火(祝祭日を除く)

お支払いはクレジットカードとなります
VISA / Master Card / JCB

アメリカ入国に先だって、必ず申請と取得が必要になる『ESTA(エスタ)』。
このサイトではどなたでも日本語で楽々、『ESTA(エスタ)』を申請出来ます。

アメリカを学ぼう!日本との違いマニュアル 物価

物価

アメリカに旅行をしようと思った時に、気になることの1つに物価があります。アメリカの物価は、日本とそこまで大きくは変わらないとは言われています。しかし、物によってはアメリカで購入した方がお得な物もありますし、逆にアメリカで購入すると損をしてしまうものもあります。
今回はアメリカの物価についてご案内致します。

*この情報は今後変更することがありますのでご注意ください。

食料品

野菜や果物に関しては、アメリカの方が物価が安いです。しかし、見た目も味も日本のものよりも若干味が劣ります。日本では売っていない野菜や果物がスーパーで売られていますので、ぜひ購入して味見してみて下さい。
牛肉などの肉類の物価は、アメリカでは安いことは有名です。ほかにも、シリアルやパンやピーナッツバターなど、ほとんどの食料品は日本よりも安く購入出来ます。しかし、魚介類になると、アメリカで消費量が減るためか、値段は高くなります。
当然ですが、日本食材はアメリカで購入すると高く付きますが、長期のアメリカ滞在をされ場合は日本食が恋しくなり、日本食材店に足を運ぶ方が増えます。

レストラン

レストランは、店によって金額が違います。日本の一般的な店を見ても、その中で高い店・安い店があります。アメリカも同じです。そのため比較が難しいですが、日本とそんなに物価が変わらないと言われています。ただし、アメリカではチップを支払う必要がありますので、若干割高に感じている方もいます。

ファーストフード

ファーストフードの金額は、日本よりも安い傾向です。ドリンクとサイドメニューがついたハンバーガーが、5〜7ドル程度で購入できます。金額だけを聞くと、日本と同じくらいの物価に聞こえますが、ボリュームは日本の倍程。日本人は2人で1つ頼んだ方が良いかもしれません。
ファーストフードでは、チップは不要ですので、さらにお得です。

紙類

アメリカでは、ティッシュなどの紙類が日本と比べてかなり割高です。しかも、ティッシュのクオリティは値段に釣り合っていませんので、ポケットティッシュなどを日本から持ち込むことをおすすめします。

電化製品

アメリカの電化製品は、全体的に高いのが特徴です。デジタルカメラ等に使うメモリーカードなどは、日本の倍近く違います。観光地で購入すると、さらに金額が跳ねあがります。予備のメモリーカードを持参しておくと安心して過ごせます。デジタルカメラは砂埃や水、高温に弱いですので、壊して現地で買い直しにならないよう注意して下さい。

衣料品

衣料はアメリカの方が約半額ほど安くなります。アメリカの子供服などお土産にすると喜ばれます。特にインディペンデンスデイ(アメリカの独立記念日)が近付くと、アメリカの星条旗のモチーフを使ったTシャツなどが販売されますので、6月にアメリカに行かれる方は、ぜひ洋服をチェックして下さい。

映画

アメリカで映画を観ると、時間帯によって値段が違うことに驚きます。しかし、高い時でも日本の映画館の一般通常料金(1,800円)の半額程度の金額で映画を楽しむことが出来ます。係員が客席にチップを徴収に来ることがありますが、それでも随分と安い金額で観られます。
アメリカは、映画館の動員人数が日本の約10倍とも言われています。そのため、安くしても日本よりも収入を得ることが出来ます。アメリカの映画館では、面白いシーンでは歓声が上がり、つまらなければ野次が飛びますので、文化の体験してみてはいかがでしょうか。「日本の映画館のマナーが息苦しい」と言う外国人が多いことに納得することでしょう。

レンタカー+ガソリン代

レンタカーは、借りる地域によって、かなり金額が変わって来ます。車をあまり必要としていないニューヨークなどの都市部では高額ですが、都会から離れるとかなり安価になります。例えば、観光地がたくさんあるロサンゼルスやフロリダなど、車が必要な地域でレンタカーを借りるとかなりお得になります。
ちなみに、レンタカーを借りると、ガソリン代が必要になります。ガソリンは地域によって差がありますが、それでも日本と比較するとかなり安くなります。

メトロカードアンリミテッドパス

地下鉄の利用料金は1回2.75ドル。メトロカードアンリミテッドパスを使うと、地下鉄と市バスが乗り放題になり、観光して周る際にはお得になります。7日間乗り放題と30日間乗り放題の2種類が販売されています。購入する際は、地下鉄の駅の窓口や自動券売機で購入出来ます。現金でもクレジットカードでも購入出来ます。
ちなみに、交通費は日本の方が高く付きます。

家賃

家賃が都市部と田舎では歴然と違うのは、日本もアメリカも同じです。東京とニューヨークを比べた際に、ニューヨークの家賃の方が高値になります。そのため、ニューヨークではシェアハウスやルームシェアを行い、少しでも負担を減らそうとする若い人が多くいます。

マイホーム

旅行ではマイホームの取得は考えられませんが、もしも今後アメリカに住みたいと思った時のために、マイホーム購入の金額を東京とニューヨークで比較してみると、東京の方が金額が高くなります。
賃貸はニューヨークが高く、持ち家は日本の方が高いというのは、少し不思議な感覚でもありますね。